ゼロエミ推進活動H27 年度中間報告

〜“今できること、今やらなければならないこと”〜
それを実施するのが 毎週水曜の「ゼロエミ推進の日」!
数年間に亘っての「ゼロエミは現場から始まる“ウォークスルー”」を推奨!
ゼロエミ・アドバイザー 柏野 常彦

“今できること、今やらなければならないこと”は、本年度事業スタートを期した5 月20 日「平成26 年度報告会」で表明させて いただいたもので、基本的には、ここ数年間変わることなく継続している統一テーマです。

平成13 年度にキックオフしたゼロエミ推進活動も丸15 年の完遂に向かって、今年度も推進メンバーの新旧交代で引き継がれる 中で継続することができています。

今年度は、イベント的に開催しています外部見学会は極めて順調に消化できており、新たなる成果を積み上げることができました。

代表的な成果としては、本年度のメインメニュー「スマートエネルギーの推進」において、神奈川県産業技術センターをはじめと して、神奈川工科大学や東京スクエアガーデンとの関係を構築することができています。

そして、過年度から注力してきました“今できる活動・ウォークスルー”は、年間目標3事業所に対して5事業所で実施すること ができました。視察受け入れ事業者には感謝です。

平成27 年度の環境委員会ゼロエミッション推進委員会の活動も終盤となりました。

残り少ない日数ではありますが、末長い活動につながる実績づくりに向けて“今やらなければならないこと”をゼロエミ推進委員 ともども日々積み上げます。


平成27年度の実績概況

推進活動メニュー : 3つのテーマと3つのメニュー
3つのテーマ : 環境3ゼロ活動
  1. 廃棄物のゼロエミ化 : 産業廃棄物の3R による資源化と経費削減。
  2. CO2のゼロエミ化 : 省エネ設備等でCO2 節減をコスト削減とともに実現。
  3. 生物種滅亡のゼロ化 : 多様な生物種の棲家“緑場”づくりで共存共栄。
3つのメニュー : 推進活動の柱
  1. 月次定例会 : 毎月第2 水曜日午後、推進メンバーによる情報交換と相互啓発。
  2. 相互視察会 : メニュー“ウォークスルー”で組合員事業所での現場訪問研修。
  3. 視察見学会 : 外部の先進事業所の視察によって新たな挑戦を目指す。

1.月次定例会議の実施

ゼロエミ推進活動の中心的な柱である月次定例会議は、年間12 回、毎月第2 水曜日の午後に開催しています。


<月次の定例会サンプル>
環境委員長 原田健治

  1. 開催日時 平成27 年12月 09 日(水)13 時30 分から15 時30 分頃まで
  2. 開催場所 団地開館第2号室
  3. テーマ
    ・H27 年度の年間スケジュールの計画を推進
    ・H27 年度課題対応型のプログラム設定
    ・参考資料で情報交換
補足と解説
「環境省等 H28 概算要求で注目の事業
→「やはりLED2015年 省エネ補助金採択結果」
生物多様性「外来種と戦うasahi科学の扉」
→「外来生物対策とは」
「イオン生物多様性日本アワード優秀賞」
神奈川県「かながわ環境基本計画及び生物多様性地域戦略」
→「キャッチアップH28年度環境基本計画のポイント」
「PCB処理計画の改定神奈川県」

<ウォークスルーの開催案内サンプル>
自然と調和する緑豊かなモデル工業団地を目指す
神奈川県内陸工業団地協同組合
環境委員会
ウォークスルーのご案内

ゼロエミ推進チームメンバー各位
環境委員長 保坂幸男
ゼロエミ推進チームのウォークスリー開催のお知らせ
拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。

平素は、当委員会事業の遂行に対しまして格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

敬具
  1. 開催日時 平成27 年10月 14 日(水)10 時00 分から12 時頃まで
  2. 開催場所 株式会社○○○○
  3. テーマ  「情熱と技術を、人へ、環境へ。」
〜○○○○は、誰もが快適な空間「ヒューマン・スペース」の創造を目指します。〜
ウォークスルー(視察相互研修会)研修
ポイント1:2色のカラーリング、「情熱と技術の融合」「人と自然の美し」
ポイント2:商品を「つくる」・「使用するのほか、さまざまな場面で、環境活動を

2.相互視察の実施

“ウォークスルー”メニューは、会員事業所の現場を観察し、推進員の先輩や専門家が直接アドバイスする事業で、今年度は5社実施。実施日は月例定例会の午前中が原則です。

<実施事業所>
  1. コンポ―株式会社
  2. 日本フルハーフ株式会社
  3. 日本冷凍空調工業会機器性能検定所(厚木)
  4. 株式会社 ニチベイ
  5. 東京スチールセンター株式会社

3.視察見学会の開催

(1) おどろき厚木・伊勢原のスマートエネルギー! ;
平成27 年7 月15 日( 水) 視察
神奈川工科大  「HEMS(ECHONETLite) 認証支援センター」
東海大学医学部「 エネルギー対策〜 地域のために」
日本ピーマック「 再生可能エネ対応 ヒートポンプ」
(2) 首都圏東部「 EMS フロンティア」を視察! ;
平成27 年8 月19 日( 水) 視察
「柏の葉スマートシティ」が「 最優秀賞 日本経済新聞賞」
東京スクエアガーデン「京橋環境ステーション」
“エリア エネルギーマネジメントセンターの紹介” & “日比谷総合設備からのプレゼン”
(3) ISO14001 要件に基づく視察 ;
平成27 年9 月16 日( 水) 視察
 萬世リサイクルシステムズ株式会社とJFE 環境株式会社(鶴見)の2箇所にて、産業廃棄物排出事業所として、委託先廃棄物処理事業所の適正処理確認を行う「見学会」を実施。
(4) 山の記念日に先駆けて!「山梨の先端産業」 ;
平成27 年10 月21 日( 水) 視察
 山梨・リニア見学センター「世界最高速を身近に」
富士山レーダードーム
牧野フライス〜富士勝山事業所に大型組立工場を増設




年度成果発表会の開催

例年5 月第3 週水曜日に、前年度の活動成果を発表する場を設定しており、活動の成果を会員企業間で共有するとともに新年度への参画事業所の増員への啓発を働きかけています。

平成27年度ゼロエミッション活動成果発表会の開催について(お知らせ)

  1. 日時 平成 28年 5月 18日(水)13:30〜16:00
  2. 場所 内陸工業団地会館3階 大ホール
  3. プログラム
時間 テーマ 発表者
1 13:30〜13:35( 5分) 挨拶 司会/山本常務理事
2 13:35〜13:50(15 分) 活動概要
・平成27 年度総括
・平成28 年新年度方向づけ
環境委員長
3 13:50〜14:10(20 分) 平成27 年度実績報告
1. ゼロエミ推進委員会の活動状況
 (1) 月次定例会の実施状況
 (2) 視察見学会
神谷環境担当
14:10〜14:30(20 分) 2. 平成28 年度の予定ほか
 (1) 見学先候補の紹介
 (2) 相互視察会“ウォークスルー”啓発
柏野アドバイザー
14:30〜14:50(20 分)  (3)「スマートエネルギー構想」
神奈川県スマートエネルギー構想
神奈川工科大学HEMS 認証支援センター
神奈川県産業技術センター
4 14:50〜15:00(10 分) 休憩
5 15:00〜15:45(45 分) 平成27年度実施事業所の発表
 ウォークスルーの成果 ×4事業者